(株)アートリンクオフィシャルブログ|Artlink Official blog

(株) アートリンクのオフィシャルブログです。看板資材・LED・インクジェット新商品のご紹介ブログ

超簡単!サビ止め塗料「ラストメート」

今回ご紹介する商品は
サビ止め塗料
「ラストメート」です。

昨今の看板業界の事情は作って終わりではなく施工後のメンテナンスも大切な業務となりつつあります。
しかし新規で作るより補修・メンテナンスはとても手間がかかるわりになかなかお金に結びつきにくい業務と言えると思います。

それじゃあその補修の手間を少しでも減らせたら・・・。

そんな願いが叶うサビ止め塗料「ラストメート」をご紹介いたします。

ラストメートはサビ止め塗料です

ラストメートはとても画期的なサビ取り塗料ですが、手間を減らすだけではなく強力な密着効果とサビ止め効果で看板の補修やメンテナンスをより簡単で安心なものにします。

<<先に施工事例を見たい方はコチラ

今までのサビとり工程

通常のサビ取り工程

通常錆の発生原因は塗装表面に空いた細かなピンホールから入ってくる水分です。防錆塗料を使っても通常の塗装ではどこかしらにピンホールが空いてしまいそこからサビが増殖してしまいます。

そのサビを取る作業はとても手間がかかります。

まずケレン作業といって劣化した塗装と基材についたサビをこすり落とす作業から始まります。錆が見えなくなるまで作業続けたあと、サビ止めを塗ってプライマー塗りを経て2回の塗装を行います。

ざっくり挙げるだけでも7工程もありますね。
時間と手間がかかるだけではなく特殊な道具も必要。高所の補修となると足場が必要ですし、看板の立地によっては歩行者の誘導・警備の人員も必要になります。

工事期間も長くなれば足場の設置期間も長くなり費用もかさんでしまいますね。

ラストメートの仕組み

ラストメートの仕組み

画像を見て頂ければわかりますが、ラストメートは面倒なサビ取りケレン作業はほどほどでOK。(4種ケレン程度)そのあとに直接塗り込む事で基材に強力に密着しサビごとまとめて硬化します。そのあとは強力密着機能で水分をシャットアウト。

サビの増殖をストップします。

施工が簡単!短時間!サビ取り補修業務においてこんな正義がありますでしょうか?
ラストメートはとても画期的なサビ取り塗料と言えますね。

しかもこれだけじゃないんです


ラストメートの特長

ラストメートは防サビだけじゃないんです。

特長を挙げますと
◆プライマー不用で強力密着
◆初期硬化約5時間の短時間硬化(晴天時・気温27℃)
◆サビに浸透し進行を防ぐ
◆防水性と高い耐薬品性
◆約300℃の耐熱性
◆塗装面が硬くエナメル質で汚れが付着しにくい
◆曲げ弾性があり衝撃に強い
◆強塩害地域で10年以上実績

一つ一つご説明するととても長くなってしまう為説明は省かせて頂きますが施工が簡単なわりにたくさんのメリットがあるサビ取り塗料です。

過酷な暴露試験を経て

ラストメートは2021年秋に販売開始したばかりの新しい商品ですが実は販売に至るまでに過酷な試験を行っております。

塩害地域に立っていた30年経過している錆た鉄柱に施工し10年経過。
見事にサビの進行は止まっておりサビ止め効果が実証されたとの事です。

また他にも過酷な試験をクリアしております。

ラストメートの比較暴露試験

ラストメートの比較暴露試験

海洋施設での試験結果です。
海の上での検証で、国産の重防食塗料との比較試験を行った結果ラストメートを施工した箇所はサビないことが実証されました。

ラストメートの比較暴露試験 その2


海水が直接あたる箇所での試験です。
国産防食塗料で施工した部分は試験開始1年未満で錆が発生しましたが、ラストメートは最後まで錆の兆候も見られなかったそうです。

試験開始から3年間経過後の国産防食塗料の施工部分は錆による損傷が激しかった為、試験継続困難となり試験は中止となりました。

結果として水島コンビナート内の6本の桟橋はラストメートで補修塗装が決定しました。

ラストメートの施工事例

ラストメートはすでに沢山の実績を積んでおります。その一部ではありますがご覧ください。
artlink.hateblo.jp

ラストメート販売開始です

そんな過程を経て満を持して販売開始となったラストメート。

いかがでしょうか?
簡単施工のサビ止め塗料は看板業界でももちろん活躍してくれるはずです。

・塩害地域の看板に
・難施工箇所に
・サビてしまった看板の補修に

最適だと思います。

超簡単!サビ止め塗料「ラストメート」のお問い合わせは下のボタンをクリック

お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP
メルマガ登録

超簡単!錆止め塗料ラストメートの施工事例

簡単な下地処理で錆の上から塗るだけのラストメート
一体どんなところに使われてるのでしょうか?
施工事例をご紹介します。

ラストメートの施工事例

ラストメート施工事例
ラストメート施工事例
ラストメート施工事例
ラストメート施工事例
ラストメート施工事例
ラストメート施工事例
ラストメート施工事例
ラストメートメーカー資料

ブログへ戻る

artlink.hateblo.jp

ラストメート販売開始です

いかがでしょうか?
簡単施工のサビ止め塗料は看板業界でももちろん活躍してくれるはずです。

・塩害地域の看板に
・難施工箇所に
・サビてしまった看板の補修に

最適だと思います。

超簡単!サビ止め塗料「ラストメート」のお問い合わせは下のボタンをクリック

お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP
メルマガ登録

札幌軟石カット始めました

いつもお世話になっております皆様にご報告です。
このたびアートリンクでは
「石」
のカットを始める事となりました。
石のカットと言っても全ての石を切るのではなくて板状にカットした柔らかい石のルーター加工とカットです。

札幌軟石のカット開始します


札幌軟石は札幌の人なら一度は目にしたことがあると思います。
明治時代から札幌や小樽の建造物に使用されてきました。
石の風合いは目にした人の心を捉えて離しません。
単体で見たときに見た目の主張は強くないですが現代の建築や内装に合わせたときに異種の素材の訴求力はとても高いです。
是非御社オリジナルの製品にご検討ください。

札幌軟石の詳細につきましてはこちらをご覧ください。
<北海道遺産HP>札幌軟石| 各地の北海道遺産 | 次の世代に残したい北海道の宝物 北海道遺産

基本的なカットサイズ


まだまだスタートしたばかりのこの試みです。
とりあえず基本的な加工サイズとしまして

W300mm×H300mm×10mm(厚さ)

上記サイズの加工からスタートさせていただきます。
また、石板は重く割れやすいので大判での加工や搬送には制限がございます。まずはご相談ください。

加工ノウハウについて


現在はノウハウ蓄積中ですが2022年現在ではレリーフ状に掘り込みと切り抜きは可能です。

札幌軟石の特設サイトご用意しました


弊社でカットしたサンプルの一部です。

f:id:onodera-artlink:20220314144938j:plain
札幌軟石のカット・加工サンプルです

もっと詳しくみたい方は札幌軟石の特設サイトを作りましたのでこちらでご覧ください。
※お客様へのご提案にもご活用いただけたらと思います。

sites.google.com


まずはお問い合わせください


まだまだ伸びしろが多い素材です。
お客様と一緒にこの軟石の製品を作成しながらノウハウを蓄積していけたらと思っております。

気になる方はまずはお気軽にお問い合わせください。



札幌軟石カットのお問い合わせは・・・・・

(株)アートリンクへ!


※こんなお得な情報+αを配信しておりますメールマガジンへご登録もよろしくお願いします。
お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP
メルマガ登録

プラパール®始めました

プラパール®始めました

こんにちはアートリンクです!
この度弊社では川上産業株式会社のプラパールの取扱いを開始しました。

f:id:onodera-artlink:20220131140048j:plain
新しいタイプのエコボードプラパール®

プラパール®って何?

プラパールとはリサイクル性に優れた新しいタイプのエコボードです。

f:id:onodera-artlink:20220131140221j:plain
カーボンフットプリント素材

プラスチックなのにどこがエコなの?
そう思われる方もいらっしゃると思います。
プラパールは再生原料を使用して作られており、使用後もリサイクル可能です。
またポリオレフィン製なので燃やしてもダイオキシンや塩化水素などの有害ガスを発生しません。
とても環境にやさしいボードと言えますね。


プラパール®の構造

f:id:onodera-artlink:20220131140409j:plain
プラパールは「キャップ」の中に空気が入った、プチプチ®構造。プチプチが板になったことで軽量、剛性、断熱性、耐水性に優れたプラスチックボードになりました。

f:id:onodera-artlink:20220131140550j:plain
つまりはぷちぷち®構造

プラパール®の見た目

f:id:onodera-artlink:20220131140653j:plain
プラパールの表面

こちらが表面。滑りの良いエンボスコートと言った印象です。
シートを貼った際にエアーも抜けやすいです。
f:id:onodera-artlink:20220131140740j:plain
裏側はエアーが入ったキャップの跡が見えます。
f:id:onodera-artlink:20220131140841j:plain
再生材料を多く使用しているのでしょうか?
断面は黒になります。


プラパール®の規格


アートリンク取扱い品としまして
・プラパール白 W910×H1820 厚み5mm
・プラパール黒 W910×H1820 厚み5mm
・プラパール白 W910×H1820 厚み9mm

をそれぞれ在庫開始しました。
札幌市内は配達いたします。

もちろん全国発送も対応いたします。
お気軽にお見積り、お問い合わせください。


特長1.安心で安全

先ほどもお伝えいたしましたが燃やしても有害ガスを発生しない
です。それだけではなく、スチレンや段ボールと違い水にも強い
んです。キャップ構造なのでクッション材としても使用できて案
外断熱効果もあるので簡易的な床材(避難所やキャンピングカー
等)にも使用されたりもします。
この先使い勝手の良いエコ素材の需要は拡大すると思われますの
で要チェックですね!


特長2.軽い

同じ厚みのベニヤ板や複合板と比べると芯材の中身が空気なので
とても軽く、持ち運びも楽です。また看板として使用した際に落
下時の事故のリスクも軽減できます。軽い事は正義ですね。


特長3.強い

同じ厚みのスチレンやプラダンと比べて折り曲げや荷重に対して
とても強い構造となっております。
プラパールの主な用途としてはほぼプラダンと同じ用途になりま
すが、強度を比べてみるとプラダンはすぐに折れてしまうのに対
してプラパール™はとても折れにくいです。

f:id:onodera-artlink:20220131141046j:plain
プラダンは端を持っただけで折れてしまいますがプラパール®は折れません

特長4.繰り返し貼ってはがせる

f:id:onodera-artlink:20220131141235j:plain
塩ビシートのノリが残りにくい

表面に塩ビのシートを貼ってテストしてみました。貼った感想はエアー抜けが良く貼りやすいのにしっかり食いつきます。
また剥がした時にも糊残りしにくいので貼ってはがして繰り返し使用できそうです。

※糊残りはシートとの相性がありますので必ず事前にご確認ください。


特長5.ダイレクトUV印刷可能

f:id:onodera-artlink:20220131141342j:plain
ダイレクトUV印刷はコツが必要

ダイレクト印刷ももちろんテスト済み。
弊社はオレフィン素材に印刷するノウハウもございますのでインクをしっかりと強定着させたUV印刷が可能です。
そのままUV印刷してしまうとインクがマスキングテープで簡単に剥がれてしまうのでご注意くださいね。
弊社では事前にしっかりとテストしUVインクを定着させる方法を確認しております。


プラパール®で什器を作ってみた

f:id:onodera-artlink:20220131141522j:plain
紙系ハニカム材とは比にならない強度

せっかくなので9mm厚のプラパールで什器を作ってみました。
バリが出て気になる小口は8mm用のエッヂモールで隠します。
組み上げ途中で気づいたのですがプラパールは9mmの厚さでもかなりの強度が有ります。よくあるハニカム段ボールというより木材のフラッシュ構造のような頑丈さを感じました。

紙製什器とは比にならない強度を持っていそうです。


軽くて水にも強い什器

f:id:onodera-artlink:20220131141738j:plain
プラパール®で什器作ってみました!

こんな什器も作れちゃいます。

段ボール什器と同じ要領でこんな什器も出来ちゃいました。
差し込むだけの簡易組み立てなのに私が乗っても(80kg)壊れないほどの強度があるなんて信じられません。

段ボール素材やスチレン、更には木材と違って水にも強いです。
シートも貼ったら剥がせて、UV印刷も可能。
カーボンフットプリント材料使用で環境にも優しいしリサイクルも可、燃焼しても有毒ガスを発生しない。

メリットの宝石箱ですね。
盛りだくさんです。

この先大注目のプラパール。
単なるエコだけじゃなくて材料としてもかなり優れてますよね。

いいでしょこれ?

気になったらお気軽にアートリンクにお問い合わせ下さい。
全国発送可能です。

プラパールのお問い合わせは・・・

※こんなお得な情報+αを配信しておりますメールマガジンへのご登録もよろしくお願いします。
お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP
メルマガ登録

金属板へのUV印刷サービスを開始しました

アートリンクはこのたび金属板へのUV印刷サービスを開始しました。

いや、いままでもやってたでしょ?って

いやいや今回はぜんぜん違うんです。
金属にUV印刷してるのにインクが剥がれにくいんです。

f:id:onodera-artlink:20210315182000j:plain
金属板にUV印刷

剥がれるのが普通


UV印刷はインクを紫外線で硬化させますから金属に対しても印刷は可能です。しかし定着はしないのですぐに剥がれるんです。テープを貼ってみるとわかるのですが剥がすとインクも丸ごと剥離してしまいます。

実は金属に印刷した場合はそれが普通なのです。

元々UVインクは金属と相性が悪くインクをのせてもくいつかず表面に乗っかっているだけでセロテープなどを貼って剥がすと簡単にインクが剥がれてしまいました。
それでもなんとか金属にUV印刷を定着させることが出来ないものかと試行錯誤を繰り返し行い、ついに完成しました。

f:id:onodera-artlink:20210315182153j:plain
金属に対してUVインクの強定着性を実現

金属にUV印刷する方法とは


どうやるかって?もちろん詳細は企業秘密です。

少しだけご説明させていただくと当社独自開発の「Lib処理」という特殊な下地処理を行う事で金属にUVインクを強力に定着させることができるようになったんです。

f:id:onodera-artlink:20220315103948j:plain
Lib処理の仕組みです

実績はこれから


現時点でのテスト結果ですが、アルミ素地、ステンレス板、スチール板とラッカー塗装面に対してLib処理は有効でした。
印刷後カッターでインクを傷つけてからテープを貼って剥がすクロスカットテストでも強いインク定着性を確認しております。これも通常印刷相手が金属であればペロッと皮がむけるようにインクが剥がれているところですがLib処理を行った後ではしっかりと定着しておりました。

残念ながら検証が終わったばかりの技術ですので案件としての納品実績も今はまだ少ないですが今後少しずつ実績を増やしていけたらと思います。

f:id:onodera-artlink:20210315182658j:plain
アルミ板、スチール板、ステンレス板などで検証

促進耐候試験(キセノン試験)

屋外対候性を確認するために促進耐候試験も行いました。その結果としましては屋外3年程度であれば退色も少なく剥離も見られなかったので問題ないだろうという結論となりました。

これすごい事ですよね。

屋外3年を保障するものではございませんが金属に印刷してのこのテスト結果はとても心強いです。
更に屋外5年相当の耐候性能を実現するためにこれからも処理技術の改良を続けていく予定です。



金属板へのUV印刷サービス開始

あらためまして弊社では金属板に対してのUV印刷サービスを開始しました!

現在実績がある金属は
・アルミ板素地
・スチール板
・ステンレス板
(ラッカー塗装面もOKです)

f:id:onodera-artlink:20210315183113j:plain
スチール(鉄)にUV印刷しました

気になった方はお気軽に

f:id:onodera-artlink:20210315183206j:plain
UV印刷のサンプル例です

この新しいUV印刷が気になった方や
「これは!?」と思った方はお気軽にお問い合わせください。

御社ご担当の営業マンか
下記よりアートリンクへお問い合わせください。


※こんなお得な情報+αを配信しておりますメールマガジンへのご登録もよろしくお願いします。
お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP
メルマガ登録

実用新案登録!メディア残量スケール・ラミ残量スケール販売開始!

インクジェットユーザー様に朗報です。
使用中のメディアとラミネートの残量がわかるメディア残量スケールとラミネート残量スケールが㈱アートリンクより発売となりました。
今回はその残量スケールをご紹介します。

f:id:onodera-artlink:20210118184704j:plain
ロス軽減!作業時間短縮の画期的なアイテム

こちらの商品は㈱アートリンクで企画開発した商品で現在実用新案登録済みとなっております。

メディア残量スケールの使い方

どうやって使うかは画像をご覧ください

f:id:onodera-artlink:20210118184826j:plain
紙管にあてるだけで残りm数がわかります

メディアの紙管にあてるだけです。
御覧の通りプリンターについたままでも大丈夫。
簡単にロールの残量を計ることができます。

すごいでしょう?

これインクジェットのオペレーターさんならわかりますが、夜間印刷や長物の印刷を始める際に残量がわかるとかなりの無駄が省けます。

夜間に大量に印刷をかけて朝見たらメディアが足りずに印刷しなおしになる。

よくあることですよね。
f:id:onodera-artlink:20210118184938j:plain

メディアスケールがあれば材料の無駄ももちろん解消しますが何よりも時間の無駄が解消されますね。

空いた時間でGOTOイートしましょうか

ラミネート残量スケールも発売中

f:id:onodera-artlink:20210118185020j:plain
機械にラミネートを取り付けたまま残りm数がわかります

メディアだけではなくなんとなんとラミネートの残量を計れるスケールも一緒に販売しちゃいます!

もしかしたらこちらのほうが需要あるかもしれないですね。
マシンにセットしたまま残量がわかるんですよ。

ね、画期的でしょう?

印刷も終わって最後の最後でラミネート足りなくて全部やり直し。
そんな悲劇のルーチンを経験した人は多分私だけではないはず。

f:id:onodera-artlink:20210118185138j:plain
ラミネートの残量だってわかります

しかしこれがあれば失敗のロスも大幅に軽減。
使いにくくてたまってしまう端尺のロールも積極的に消費しましょう。

作業のロスを軽減して作業の時短も図れるスーパーアイテムそれが残量スケールです。

働き方改革に最適ですね!

ご注意!指定塩ビメディアとラミネート専用です

インクジェットメディアといっても基材の厚みや離型紙の厚みで残量計測の計算は大幅に変わってきます。
こちらの商品は塩ビメディアはバンドーグランメッセ製品の中のGM-EHGとGM-EHM専用となっております。

またラミネートに関しましては同じくバンドーグランメッセラミネートGM-ILGとGM-ILM専用となっておりますのでご注意ください。

f:id:onodera-artlink:20210118185216j:plain

ラインナップが増えました

メディアスケールのラインナップがさらに増えました。
バンドエラストマー社製
GM-H-STG/GM-H-STM
GM-CPT100の3種類に対応したスケールが新発売!>

f:id:onodera-artlink:20210728132915j:plain
バンドー社GM-STG対応が新発売

3M社製
IJ1220-10対応のスケールも併せて新発売となっております。

f:id:onodera-artlink:20210728133055j:plain
3Mメディア1220用のスケールも新発売

好評発売中!(お問い合わせください)

いかかでしょうか?

バンドーだけではなく3Mにも対応しました。
メディア残量スケールとラミネート残量スケール

好評販売中です。

気になりましたらお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは・・・


お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP
メルマガ登録


こちらで動画もご覧いただけます
youtu.be

塩ビメディアなのに重ね貼り可能!「ハイドフィルム」を一年間放置した結果

みなさまあの重ね貼り用メディアのハイドフィルムを覚えていらっしゃいますか?
2019年の6月にほんとに重ね貼りして問題ないのか?
実際に貼り付けて屋外で実験してから
一年以上経過しました。                      
artlink.hateblo.jp


こちらが一年後のプレートです。
一年間この状態で西向きのベランダに設置されていました。

f:id:onodera-artlink:20200819163534j:plain
西向きのテラスに設置後1年以上経過

見た目の変化は特になし

f:id:onodera-artlink:20200819163627j:plain
パッと見た感じでは変化はありません

いよいよ取り外して結果を見てみましょう。
通常の塩ビメディアでは重ね貼りするとシワが出来たり剥がした際に糊が残ることが多いです。

ハイドフィルムは重ね貼り用のメディアとは言ってもメーカーでは3ヶ月しか試験を行っておりません。
しかし今回は1年以上のロング試験となっております。

剥がして糊残りを確認

まずはハイドフィルムを剥がしてみましょう。
見た感じ縮みやシワは見られなくしっかりついてます。

f:id:onodera-artlink:20200819165216j:plain
ついでなので他のメディアもテストしました
f:id:onodera-artlink:20200819164008j:plain
見た感じエラーは無さそうです


f:id:onodera-artlink:20200819164116j:plain
まったく糊残り無く剥がれました。
今回の約1年の試験では重ね貼りしても特に問題は起きませんでした。
驚きですね。

このハイドフィルムは重ね貼りが出来るのでオープン告知の目隠しやセール看板などに最適です。
重ね貼り用をうたっているメディアは今までにないので重宝しますね。

他の再剥離メディアのテスト結果

f:id:onodera-artlink:20200819165322j:plain
白のりタイプの重ね貼り可能なメディアも 問題なし
f:id:onodera-artlink:20200819165358j:plain
結果を踏まえて最適なものをご提案します

そのほか再ハクリメディアの検証結果につきましては公表はいたしませんが全て弊社の方でデータを控えております。

結構意外な結果だったりするんですよ。

下地によってメディアの適応範囲が違うんですね~

案件によって最適なものをご提案

更に深堀りした動画はこちらよりご覧ください。

youtu.be

いかがでしょうか?
ひとえに再ハクリと言っても様々な種類がございます。

ご相談いただけましたらその案件に最適なメディアをご提案させていただきますね。


重ね貼り用メディア
「ハイドフィルム」のお問い合わせと
再ハクリメディアへのお問い合わせは・・・


お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP
メルマガ登録