読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(株)アートリンクオフィシャルブログ|Artlink Official blog

(株) アートリンクのオフィシャルブログです。看板資材・LED・インクジェット新商品のご紹介ブログ

新発売!アルミ複合板1mm!!!

「One」それは、「1」。上の写真では何がすごいのかわからないかと
思いますが、これはアルミ複合板なのです。
大きさと厚さがわかりにくいと思うので、一般的な3mmの複合板と
比べて見ましょう。

「O」の文字Hで80mmぐらいの小さな切文字です。
左が、1mmのアルミ複合板、右が3mmです。
厚みの違いは一目歴然です。


薄いことは良いことなのか?


薄いことのメリットを考えて見ましょう。
まず、2mmの差があるので当然3mmのアルミ複合板より軽いです。
重量は3mmより40%ほど軽量化されています。
運搬・取り回しが軽いので楽です。持ち上げるのも軽々です。
但し、薄いのでぶつけたりすると変形しやすいので注意が必要です。


メリット2 曲面に貼付けする場合は、3mmより
反発が少なく施工しやすいです。

さっきの「O」を曲げて見ました。

3mmだと、

素手では曲げられません。
1mmだと、

そんなに力を入れなくても曲がります。曲げると

こんな感じです。
円柱状の曲面などへ施工する場合は大変便利です。
施工する面に合わせて加工することが可能です。
切文字以外でもパネル状のものを曲面に施工する場合も
反発が少なく施工しやすいかと思います。


薄さのメリットその3
厚み(小口)が気になりません。1mm厚とは、

平面に付けた場合は、ほとんど厚みを感じさせません。
3mmと比べると、

こんなに違うのです。
壁面にシートで装飾したい場合、シートが施工できないような
デコボコの粗面だったりする場合はないでしょうか?
複合板だと厚みが気になるからNGで何とかしなければならない
無茶な状況に追い込まれた経験はないでしょうか?
そんな場合は、この1mmのアルミ複合板をご提案下さい。


そして、この1mmの複合板は上の写真の通り、ポリエチレンの芯材が
「ブラック」です。通常サインで使用されるアルミ複合板は白芯が
一般的なので抵抗を感じる場合もあるかと思います。
でも、厚み(小口)を目立たなくさせるのには「ブラック」が良いのです。
加工する前の製品は、

このようになっています。
表面のホワイト面側には養生フィルムが貼ってあります。
裏面は養生なしで色もホワイトではなく、グレーです。


今回も商品名を紹介し忘れていました。
1mmのアルミ複合板、その名は、
ソレイタOne (片面タイプ)」です。
品番は、「FSV-111S」。規格等の詳細は、
メーカーホームページを参照下さい。

ラインナップは、1000mm*2000mm
1220mm*2440mm2種類です。
さぶろくサイズはございません。


ソレイタOne」


お問い合わせは・・・


お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP

広告を非表示にする