(株)アートリンクオフィシャルブログ|Artlink Official blog

(株) アートリンクのオフィシャルブログです。看板資材・LED・インクジェット新商品のご紹介ブログ

LEDファブリックフレーム「オクタルミナ」のご紹介

f:id:onodera-artlink:20180912175251j:plain
今回ご案内致しますのは現在ではもう当たり前になりました。
LEDファブリックフレームをご紹介いたします。
今回ご紹介しますのはLEDファブリックフレームの中でも特に汎用性に優れた「オクタルミナ」です。
このファブリックフレーム系の商品は印刷した生地をアルミ製のフレームに展張させて表示する商品で、昔からある乳半のアクリルの行灯BOXと比べると押し縁が無いので見た目も良く、とても軽量で取扱いも簡単です。
現在とても人気があるのがわかりますね。

それでは「オクタルミナ」の特徴をご紹介します。

軽い

LEDポスターフレームと比べるとアクリルを使用していない分とても軽いです。
例を挙げるとB0サイズ等の大判サイズで差が出てきます。
導光板使用のポスターフレームですとB0版で約15kgと結構な重量となりますが、オクタルミナD40ですと約5kg程度ですので重量は1/3です。
とても軽いので施工も楽ですね。

フレームレス

f:id:onodera-artlink:20180912180341j:plain
通常の電飾BOXにあるアルミフレームが無い為見た目がシャープでスタイリッシュ。
要はカッコイイ!


印刷物の交換が楽

f:id:onodera-artlink:20180912180450j:plain
仕組みは印刷されたファブリックの周辺にあるシリコンゴムでファブリックを展張させます。FFシートと同じ仕組みですね。
このような簡単な仕組みですから印刷物の交換も工具なしで簡単です。
かと言って勝手にたるんできたり剥がれたりはありません。
交換もコツがひつようですので、おいそれといたずらではがせるものでもありません。

※悪意があるいたずらに対してはどんな機材を使っても防ぎきれませんのである程度の妥協は必要かと思われます。

メンテナンスが楽

f:id:onodera-artlink:20180912180602j:plain

ファブリックを剥がすとすぐに光源のLEDが出てきますのでトラブル発生時はすぐに対処出来ます。わざわざアクリルを引き出す手間がないのでメンテナンスも楽ですね。

最大印刷サイズ

f:id:onodera-artlink:20180912180648j:plain
アルミのフレームはジョイント可能ですので基本的に最大寸法は印刷メディアのサイズとなります。
幅3000mm×40mが実質最大寸法ですが、一人での施工では慣れないうちは目安として4×8サイズくらいが最大サイズとお考え頂いたほうが良いと思います。
基本的には面板のサイズはいかようにもご指定いただけますよ。

印刷はもちろん防炎素材

f:id:onodera-artlink:20180912180837j:plain
屋内用のファブリックフレームに防炎は必須。
弊社では既に防炎認定を取得済みです。

オクタルミナフレームの規格(厚み)

フレームの厚みは
・D40mm
・D80mm
・D120mm
の3タイプで壁付け・自立・天吊りと様々なバリエーションをご用意しております。
それぞれ特徴がございますので、設置状況などをお伝え頂けましたら最適なものをご提案させていただきます。


拡張パーツが非常に多く施工現場により片面発光・両面発光・自立・壁付け・天吊の用途に柔軟にご対応可能なこの「オクタルミナ」
ご不明点や気になる方はすぐに弊社にご相談下さい。


LEDファブリックフレーム「オクタルミナ」のお問い合わせは・・・


お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP