読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(株)アートリンクオフィシャルブログ|Artlink Official blog

(株) アートリンクのオフィシャルブログです。看板資材・LED・インクジェット新商品のご紹介ブログ

アクリルUV印刷の失敗談

今年の夏は猛暑続きで9月になっても


真夏のようでしたが、今週になって


ようやく秋らしくなってきました。


今回のウリブロネタは、


「UVインクジェット失敗談」です。

(一部成功例を含みます。)


今回は、アクリル板にUVインクジェットして欲しいとの


依頼でした。


今回は、ただのアクリル板ではなく、


四辺面取り(テーパーカット)までとの要求です。


面取り(テーパーカット)のイメージがつかない方、


下の写真のように加工されたもの見たことはございませんか?

$看板情報ブログ 〜ウリブロ〜-アクリル4

周囲が斜めに落されていると


見た目かっこよいですね〜〜


ですが、この板に印刷するのは簡単ではありません。


先に仕上がった板に印刷するには、


インクが、加工した側面につかないように


養生をしなくてはなりません。

$看板情報ブログ 〜ウリブロ〜-カルプ1


写真のように、マスキングテープですべて養生します。


数量が多いとかなり大変です。


今回は、裏面を全面グレーのベタを印刷するという内容でしたが、


アクリルを加工する際に裏面が汚れてしまうと


印刷時にその汚れを拾ってしまいます。


$看板情報ブログ 〜ウリブロ〜-アクリル5

裏面の養生紙に油がついているのわかりますか?


こうなるともう駄目です。


そのままでも汚れを拾うし、


拭き取っても拭き取り後を拾ってしまいます。


$看板情報ブログ 〜ウリブロ〜-アクリル1

右上角あたりにムラがあります。


微妙ですが、見つけると気になってしまいます。

$看板情報ブログ 〜ウリブロ〜-アクリル2

写真のように加工した板に裏面全面印刷すると、


正面からみると


$看板情報ブログ 〜ウリブロ〜-アクリル3

アクリル表面が反射するので、ムラは目立ちませんが


製作するとするとクォリティが気になります。


先に印刷した板を加工する作戦もありますが、


アクリル加工をする際に、


印刷面に傷がつくというリスクもあります。


アクリルに直接印刷したい場合、


加工方法・サイズ・形状により製作が難しい場合がありますので


まずは、ご相談ください


何とかできる方法を考えます


次の写真は、カルプ材20mmの表面に


シルバーヘアラインのシートを貼り


UVインクジェットで白い王冠を印刷です。


$看板情報ブログ 〜ウリブロ〜-作画中1

出来上がりは、

$看板情報ブログ 〜ウリブロ〜-カルプ2

わかりずらいかな?

$看板情報ブログ 〜ウリブロ〜-完成



普通はヘアラインシートとカットして貼るか


ヘアラインシートをベタ貼りしてから


白シートをカットして貼るのでしょうが


これだけ細かいとシート加工は大変なので、


UVインクジェットの出番です。


こういうデザイン思いつく人はすごいですね〜〜


あらゆる印刷・カット加工お待ちしております。


まずは、ご相談ください。


お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP

広告を非表示にする