読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(株)アートリンクオフィシャルブログ|Artlink Official blog

(株) アートリンクのオフィシャルブログです。看板資材・LED・インクジェット新商品のご紹介ブログ

LED【RGBモジュール】のコントローラー使ってみた。

この電子基板は何?
SS LIGHTというメーカーのRGBタイプのLEDモジュールを
制御する機械
なのです。
「多機能コントローラー」というやつです。
早速LEDをつないで見ましょう。

まず電源繋ぎます。これはDC12V用です。プラスとマイナス間違えないように
接続します。

RGBモジュールも繋ぎます。

R,G,B,GRANDを分けて・・・・

それぞれ繋ぎます。

このコントローラーは8チャンネルまで対応していますが、
LEDがそんなにないので2チャンネル(2系統)分つないでみました。

基板上のディップスイッチで演出モードの切替が可能です。
このコントローラーは10種類の演出モードがセットされています。
演出モード1 (説明書には、レインボウ 順次点滅と書いてある)で
点灯させてみます。

早すぎですか?

スピードはツマミで調節します。
では、演出モード2 (説明書には順次調光と書いてます)で
点灯させてみます。

演出モードは、この他に8種類。
">順次、逆順次調光
">レインボウ 順次調光
">全調光、点滅
">全点灯、順次点灯、消灯
">順次点灯、逆順次点灯
">全調光
">逆順次点灯(上下方向)
">順次点灯、順次消灯、点灯
言葉で表されたものと実際のイメージが
全く想像できません。この説明分何とかならんかったのか・・・・

チャンネル(系統)で
グラデーションがかかるのがミソ
なんです。
10個しかないモジュール小分けして4チャンネルにしてみました。


文字に仕込んだとすると、文字ごとに色が変化するような
演出が可能になるわけです。

イメージ伝わりましたか?
基板むき出しのこの多機能コントローラー全部で3種類あります。

今回レビューしたのは、右端のCFC800です。
これ以外に、容量、チャンネル数の少ないCFC300とCFC400があります。
表の最大LED接続数はRGBの3球モジュール(1個0.72W)の場合です。
4球タイプになると接続数は約半分となります。

そして、コントローラー。安いんです。



お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP