(株)アートリンクオフィシャルブログ|Artlink Official blog

(株) アートリンクのオフィシャルブログです。看板資材・LED・インクジェット新商品のご紹介ブログ

ガラスフィルム貼り付けについての注意点【熱割れについて】

ガラスにガラスフィルムを貼る際に貼ってはいけないガラスがあるのをご存知でしょうか??
今回はガラスと熱割れについてご説明いたします。

ガラスフィルム貼り付けの注意点

ガラスを簡単に装飾できるガラスフィルムですが、
施工してはいけない場所があるのをご存知でしょうか?

ガラスフィルムを施工するにあたって無視できないのが【熱割れ】です。

ある程度の知識を持っていないとガラスを破損させてしまう恐れがありますので
今回は【熱割れ】についてまとめてみました。


f:id:onodera-artlink:20151218112717j:plain

ガラスの熱割れとは

ガラスの表面に太陽の直射日光が当たり、日射熱によって
ガラス表面が温められ膨張していきます。


しかしガラスのまわりはサッシ部分は放熱されやすく、
コーキング部分、そして影になっている部分は温度が
上がりにくくなっています。


ガラスは日射熱によって温められ膨張していくのに対して、
サッシ部分は温度が上がりにくく変化があまりないため
、周辺部に対して引張応力が発生していきます。

物体内に生じる応力を熱応力といい、それによって生じる"ひずみ"
を"熱ひずみ"といいます。

熱ひずみが増していき、ガラスの許容強度を越える引張応力
が発生することで熱割れが発生します。

この熱割れは特に、寒い時期の晴れた日の午前中~正午頃に
発生しやすくなります。
サッシ部分やその周辺のガラスは内外気温により冷えやすくなっている
のに対し、ガラス面は直射日光をたくさん受けますので温度が上昇します。
その結果、ガラス周辺と中央で、大きな温度差が出来ることで熱応力が
大きくなり、熱割れが発生しやすくなります。

この熱応力による熱割れに物理的現象なので、100%完全に
防ぐことは現状では極めて困難になります。

ガラスの日射熱吸収率について

ガラスにフィルムを貼らない素のままだと、太陽の直射日光は反射
されるか、ガラスに滞留するか、室内に透過していきます。

しかしガラスにガラスフィルムを貼り付けることで、ガラスの表面に
当たった太陽の直射日光がガラスフィルムによって遮られ、室内には
透過されにくくなりますが、ガラスフィルムに滞留しやすくなります。

これによってガラスの日射熱吸収率が高まり、ガラスの温度が上がり
やすくなってしまい、サッシ部分などのガラスの周辺部との温度差が
大きくなります。そのため熱割れが発生する可能性が高くなります。

このように特に直射日光が当たりやすいガラスに、反射がしにくく
遮熱効果の高いフィルムを貼る場合には、様々な要因を検討した上
で熱割れを可能な限り回避する必要があります。

熱割れの要因

f:id:onodera-artlink:20151218112827j:plain
熱割れを引き起こす原因は様々で、施工状態の良し悪しによるエッジ
(ガラスのフチ)強度の低下はもちろん、熱応力の大小は窓の向いて
いる方位やガラスの品種でも違いがあります。さらには日射時間、
日影の状態、カーテンの影響、ガラスの大きさ、サッシの飲み込み量、
取り付け状態にも左右されてしまいます。

様々な要因による割れにくくさ、割れやすさは下記の通りとなります。
全て"右"の方が熱割れが発生しやすい状態になります。

■フロート板(透明ガラス・普通ガラス)の厚み
3~12mm<16~19mm
フロート板<網入り
ガラスは厚いほど日射熱吸収率が高くなるため熱割れが生じやすくなります。
また網入りガラスはガラスの中に網を封入しているため、エッジ強度が一般的な
普通のガラス(フロートガラス)より低くなるため、割れやすくなります。

■ガラスの面積:小さい<大きい

■ガラス面にできる日影:なし<あり
ビルなど日差しや影が均一にかかる場合は比較的割れにくくなりますが、
バルコニーなどの庇があり、不均一に日差しや影がかかると割れやすくなります。

■カーテンやブラインドの有無:なし<あり
カーテンやブラインドによって、それらとガラスとの間に熱がこもりやすくなるため割れやすくすなります。

■ガラスのエッジ仕上げ:丁寧<雑
熱割れはガラスのエッジ(フチ)から発生するため、ガラス製造時の仕上げが雑だと、熱割れが生じやすくなります。

■窓の方位:北<東・南
ガラスの種類に関わらず北向きのガラスは比較的割れにくく、直射日光の当たりやすい東や、南向きは熱割れが生じやすくなります。

■ガラスサッシの色:黒<白・シルバー
黒いサッシは熱を吸収するのでガラス中央部分との温度差が小さくなりますが、
白やシルバーのサッシは放熱しやすいため、温度差が大きくなるため熱割れが生じやすくなります。

熱割れの防止策について

熱割れの原因で一番の要因は、中央部分とサッシ周りとの温度差にあります。可能な限り、
温度差を作らないようにするのが熱割れを防ぐ一番の方法です。温度ムラが発生しないように
下記の点を考慮することが大切です。

・ガラス近傍で熱がこもらないようにカーテンやブラインドを密着させない
・不均一な日影を作らないように窓際にダンボールなどの荷物を積まない
・クーラーなどの屋外設置型の機械を密着させない
・暖房の暖気をガラスに直接当てない
・網入りガラスの設置は避ける

自分好みにガラスを装飾して室内空間を楽しもう!

f:id:onodera-artlink:20151218112852j:plain
フィルムを貼ることで発生しやすい熱割れですが、要点さえ
抑えてしまえばそうそう発生するものではありませんし、
たとえ発生しても最小限に抑えることができます。

オリジナルガラスは目隠し効果によるプライバシーを守るのはもちろん、データさえあれば
思い通りのデザインのフィルムを制作することができますので、お好きなイメージを窓ガラス
にデザインすることができ、視覚的にも楽しませてくれます。

さらに飛散防止機能を持ったガラスフィルムは地震や災害時にガラスが
割れることによる二次災害を防いたりするなど様々な効果が期待できます。

オリジナルデザインのガラスフィルム、在庫・納期・価格、その他どんなご
相談も受けたまります。お問い合わせは下記までお願いします!!
お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP