(株)アートリンクオフィシャルブログ|Artlink Official blog

(株) アートリンクのオフィシャルブログです。看板資材・LED・インクジェット新商品のご紹介ブログ

両面プリント対応合成紙発売!!

G.W.も明け、今日は最高気温はなんと28度!!!
エルニーニョの影響で冷夏の予想ですがこのまま終わってしまうのでしょうか?
夏に向けてテンションUPで行きたいものです。
これからは、イベントも増え消費者行動も活発になり
販促物などが増えることに期待したいです。
夏の販促物といえば、フラッグ&ポスター!!
ということで、こんなデータを作ってみました。

天吊りのバナーをイメージしました。
両面表示がひつような場合、ターポリンか昇華転写で製作されていた方も多いと思います。あとは、片面出力したものを貼り合せるなんて方法もあるかもしれません。貼り合せは、おさまりが悪いので1枚で両面印字されたものを要望されるケースも多いと思います。
今回は、両面印字対応の合成紙(溶剤インク用)をご紹介します。
正式な製品名は、溶剤遮光合成紙マット両面印字。
長っ!! 名前にすべて製品説明が網羅されてます・・・
品番 VS-YPW245Mです。
両面対応の合成紙は、溶剤インク対応のものはスタンドバナー用に、カールしにくいようにコシをもたせ且つ遮光もしていたので硬く厚いものでした。PET基材に遮光材貼って表面をPVCコーティングして〜〜みたいな。
今回の製品は、PP基材で比較的薄めで断面をみても厚みは感じません。質感も厚手の合成紙に似ています。品番から推測すると厚みは245ミクロンでしょうか。サンプルを貰ったので早速プリントしてみました。(機械はミマキJV34です。)

当然、何の問題もなくプリントできました。マットなのでインクのノリは良好です。ひっくり返して裏面をプリントします。おもて・うら分かりやすいように色を変えました。

特に機械に貼り付いたりせずにプリントできました。当然、おもて・うらの位置合わせが必要ですがそこは企業秘密です。プリントし断裁すると、

両面のポスターの出来上がり!!

ラミネート加工はしていません。窓に透かしても、裏側の意匠は透けません。

当然ひっくり返しても

バッチリです。久々にいい製品を紹介してもらいました。プリントしてから撮影するまで丸めていたので、巻き癖がついていますがそこはご愛嬌ということで。


規格は、1370mm×30M巻。
製品の詳細についてのお問い合わせ、サンプル依頼は弊社営業まで。

製品に関するお問合せは・・・

■Email : info@artlink.co.jp
TEL : 011-876-122
1












広告を非表示にする