(株)アートリンクオフィシャルブログ|Artlink Official blog

(株) アートリンクのオフィシャルブログです。看板資材・LED・インクジェット新商品のご紹介ブログ

エッジライト用LED「100V-APEG-6500K」

さてやってまいりました【アリブロ】
今回も小野寺が担当させていただきます。


最近ようやくブログにも慣れてきたので
これから益々勢いを付けて行こうと思っております
今後ともお付き合いをよろしくお願いいたします


今回ご紹介するのはAP JAPAN製エッジライト用LED
「100V-APEG-6500K」です。

通常行灯用のエッジライトLEDはエッジライトバーをご使用頂いてると思いますが

「もっと小型の行灯用にも対応したものがほしい」
「どうしても影がでてしまう部分を何とかしたい」
「もっと融通のきくLEDの配置が出来ないか」

と思ったことありませんか??
その問題を解決する商品が今回の「100V-APEG」です
モジュールはこんな感じ

ね?コンパクトでしょ?

しかしこいつはただ小さいだけじゃない。
内照式LEDに必要なスペックはしっかり満たしている優れものなのです。

それでは基本スペックをざっくりとご紹介!



・寿命40,000時間
・IP65防水
・使用環境温度-20℃〜60℃
・AC100V直結
・1モジュール個別カット使用が可能



通常使用として申し分無しのスペックだと思いますよ
それでは次に発光の方を検証してみましょう。

W1100×H600×D200の行灯BOXに写真のように配置しました
間隔は160mmピッチです



それでは実際に点灯させてみました



【1】アクリルからの距離70mm


※影がでてしまいますね



【2】アクリルからの距離100mm


※軽減しましたが、まだうっすら影がでてしまいますね


【3】アクリルからの距離120mm


※これならOKじゃないですか?問題無いと思います


以上の結果を踏まえましてアクリルからの距離は120mm以上を推奨させていただきます。
因みに今回検証した行灯ボックスでは片側配置で全体がキレイに発光していましたので
光の届く距離は片側600mmといったところでしょうか。


<<注意事項>>
・発光のしかたは行灯内部の反射やアクリルの色、厚みで変化しますので
あくまでも目安として考えて下さい。
・モジュール自体はある程度熱を持つので、行灯の筐体に放熱口を設けてください。


それでは今回のまとめ


片側600mm


距離120mm以上



しっかりおぼえてくださいね。



更に小型の行灯ボックスでも検証してみました

W400×H300×D250のセンターに
こんな感じで1個だけモジュールを配置しました



モジュール1個で両面ともキレイな発光を確認できました

どうですか?

非常に使いやすいLEDですよね

この「100V-APEG-6500K]
1個単位から販売いたしております。



みなさま是非お試しくださいませ!!



お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP

広告を非表示にする