(株)アートリンクオフィシャルブログ|Artlink Official blog

(株) アートリンクのオフィシャルブログです。看板資材・LED・インクジェット新商品のご紹介ブログ

5年保証!80000時間!LED投光器_LUMITRONsign AL15Kのご紹介

f:id:onodera-artlink:20170810143542j:plain

今回ご紹介するのは看板照明に最適なLED投光器
「ルミトロン AL15K」のご紹介です。

この照明はメーカー発表値で80,000時間の長寿命。しかも強気の5年保証を実現した驚きのLED照明です。

このLED投光器は設計から生産まで全て純国産です。
MADE in JAPANの強みは皆さまお分かりですよね?

品質の良さと対応の速さに影響しますよね。
ちなみに弊社の展示会でもルミア様にご出展いただきこのAL15Kを展示しておりました。

私のリスエストで展示の投光器を全て点灯させて頂いたため、非常に眩しいブースがあったのを覚えていらっしゃるでしょうか?


なぜ80,000時間の長寿命なのか

他社メーカーでは大抵60,000時間なのですがルミトロンはなぜ80,000時間なのか?
簡単にご説明いたします。

  • なぜ80,000時間の長寿命なのか
  • 超長寿命のフィルムコンデンサ搭載
  • 防水・防塵・耐振動・耐熱・耐重塩害
  • 空気は通しても水は通さない
  • 本体の劣化そのものを防ぐ重塩害塗装
  • 放熱対策もOK
  • さらにノイズ対策済み
  • 実際に点灯させてみました
  • 気になるスペックは・・・
  • とにかく手に取って見て下さい!
続きを読む

等身大パネルに最適「スリムボードスタンド120」のご紹介!

今回は等身大パネルに最適のスタイリッシュなスチールスタンド。

「スリムボードスタンド120」をご紹介いたします。

外見


f:id:onodera-artlink:20170726090531j:plain

見た目はスリム。収納時はこんなにコンパクトです。

一見スタンドには見えませんがこのスタンドは驚くほど多機能なのです。

取付方法

f:id:onodera-artlink:20170725091543j:plain
本体に両面テープを貼ってパネルに取り付けます。
(両面テープは付属しておりません)

使用方法

パネルにスタンドを取り付けたら下記画像内容に従ってスタンドを展開させます。
f:id:onodera-artlink:20170725091641j:plain

スペシャルなポイント


実はこのパネルスタンド、赤いつまみを動かすことで自由にパネルの角度調整が可能なんです。

さらにパネルの垂直立ちも可能です。

垂直立ちの場合は本体に内蔵されている前倒れ防止金具を使用します。
f:id:onodera-artlink:20170725092018j:plain


こんな感じです。すごいでしょう!
f:id:onodera-artlink:20170725092054j:plain


収納もこんなにコンパクト!
f:id:onodera-artlink:20170725092125j:plain


完成です!!


f:id:onodera-artlink:20170725092157j:plain

とっても簡単で高性能なこのスリムボードスタンド。

等身大パネルに最適!

気になった方は是非アートリンクにお問い合わせくださいませ。


スリムボードスタンド120のお問い合わせは・・・

お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP

簡単!誰でも!ハリーマスター貼り方講座<初級編>

今回は話題のハリーマスターの貼り方をご説明いたします。

と、言いましても単純な仕組みですので軽く読み流していただけましたらご理解いただけると思います。

①ハリーマスターに板を置く

f:id:onodera-artlink:20170705191205j:plain


②板の上に印刷物を置きローラーで挟む

f:id:onodera-artlink:20170705191238j:plain

※板にホコリがついていたらこの段階ではらい落とします。f:id:onodera-artlink:20170705191300j:plain


③裏紙を剥がして折り目をつけます

f:id:onodera-artlink:20170705191323j:plain


④ローラーを転がして折った所を貼ります

f:id:onodera-artlink:20170705191356j:plain


⑤貼って無い方をローラーの反対側へ

f:id:onodera-artlink:20170705191434j:plain

※このような状態で準備完了です
f:id:onodera-artlink:20170705191853j:plain


⑥裏紙を剥がしつつローラーを押します

f:id:onodera-artlink:20170705192155j:plain

f:id:onodera-artlink:20170705192323j:plain

f:id:onodera-artlink:20170705192340j:plain


⑦完了です。

f:id:onodera-artlink:20170705192403j:plain


⑧動画でもご覧ください

www.youtube.com


弊社の女性事務員にお願いして実際に貼ってもらいました。
ラミネートをしていない出力も軽く手順をレクチャーしただけで問題無く貼れました。



これで彼女もハリーマスターですねっ!


アートリンクはハリーマスターに対してのお問い合わせ・ご質問大歓迎です!!

ちょっとしたことでもお気軽にお問い合わせくださいませ


Harry Master(ハリーマスター)へのお問い合わせは・・・

お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP

UNIKA 吸塵ドリル Qビットuxのご紹介です。

今回ご紹介するのは後施工アンカーの下穴を開けるのに最適の「UNIKA 吸塵ドリルQビットux」です。

通常コンクリートにアンカー用の穴を開ける際はコンクリート用ドリルで穴を開けます。
f:id:onodera-artlink:20170616173619j:plain
この形のドリルは皆さまもご覧になったことがあると思います。


吸塵ドリルQビットuxは見た目はとてもスマートで一見ドリルとは思えませんが、とても優れもののコンクリート用ドリルなのです。
f:id:onodera-artlink:20170616173815j:plain


看板の設置などでコンクリートにアンカーの下穴をあけたことがある方はご存知だと思いますが、非常に多くの粉塵が出ます。
これは、通常のドリルは掘削粉が穴に詰まってしまわないように側面にらせん状の溝があり、溝を通って粉塵を外に排出する構造が原因だからです。
f:id:onodera-artlink:20170616173919j:plain
しかしこのQビットは先端の穴から掘削粉をドリル先端から直接吸い込むので粉塵を外に出す必要がありません。
ですからこのスマートな形状でも全く問題なくコンクリートに穴を開けることが出来るのです。
f:id:onodera-artlink:20170616174042j:plain


それでは掘削粉はどこに行くのか?
ドリル先端の穴から吸い込まれ、直接集塵機に集められます。f:id:onodera-artlink:20170616174233j:plain
このようなイメージです。

吸塵ドリル Qビットuxのメリットと注意事項

このQビットuxのメリットをまとめてみました。

・粉塵が飛散しないので、施工者や周囲の環境にやさしい
・下穴の清掃がとても楽になるので効率アップ
・もしも清掃を忘れてもアンカー強度が著しく低下するのを防げる
(孔内清掃は必ず行いましょう)
・天井や室内施工時の養生や清掃の手間が省けて効率的
・アンカー作業の工期短縮

<ご注意>
※水たまりがある状態のコンクリート及び湿潤状態のコンクリート
構造物には施工できません。

動画でもご覧ください


写真だけでは良さはいまいち伝わりませんので、実際に動画をご覧ください。40秒くらいからが良くお分かりになると思います。
www.youtube.com

いかがでしたでしょうか?この優れた吸塵っぷり。
まさに百聞は一見にしかずですよね。

各種サイズ取り揃えております

品ぞろえも各メーカーのハンマードリルに合わせたシャンク形状とアンカーの径に合わせた各サイズをご用意しております。
f:id:onodera-artlink:20170616174843j:plain


あわせまして各種アンカー及びケミカルアンカーも取り扱っております。
f:id:onodera-artlink:20170616180319j:plain


この吸塵ドリルQビットux使ったらもう手放せませんよ!
f:id:onodera-artlink:20170616175153j:plain

是非お試しください!



吸塵ドリルQビットux及び後施工アンカーのご用命は・・・・・

お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP

2017年アートリンクSign&Display展示会 結果報告

2017年5月17日アートリンク展示会のご報告です。


2017年5月17日 AM10:00
2年に一度のアートリンク展示会当日。

スタート直前の各メーカーブースの様子です。
来場者様のお出迎え準備は万全です。

f:id:onodera-artlink:20170530121008j:plain
f:id:onodera-artlink:20170530121036j:plain
f:id:onodera-artlink:20170530121054j:plain

今回は過去最高の47社のメーカにご出展いただきました。
写真では全ブースを全てご紹介できないのが残念です。
f:id:onodera-artlink:20170530121207j:plain
いよいよ開場。
今年の受付は弊社のニューフェイスです。
笑顔でのお出迎えを心がけました。

f:id:onodera-artlink:20170530121606j:plain


ドアを開けるとお客様は既に外に待機しておられました。
開場とともに沢山のお客様がご入場されました。

細かなご説明はともかく、会場の雰囲気を画像から味わっていただけたらと思います。

f:id:onodera-artlink:20170530130118j:plain
藤田産業様 壁面用メディア実演


f:id:onodera-artlink:20170530130230j:plain


f:id:onodera-artlink:20170530130612j:plain
エイブリィデニソンジャパン様
カーラッピング初級編実演


f:id:onodera-artlink:20170530130413j:plain
エイブリィデニソンジャパン様
カーラッピング質問コーナー

f:id:onodera-artlink:20170530130737j:plain
ホースケアプロダクツ様ブース


お昼を過ぎてもお客様の入場が絶えません。
弊社営業も休憩返上でご対応にあたります。

f:id:onodera-artlink:20170530130905j:plain
OKIデータインフォテックテック様ブース

f:id:onodera-artlink:20170530130935j:plain
コムネット様サインジョブズセミナー


f:id:onodera-artlink:20170530131100j:plain

f:id:onodera-artlink:20170530131123j:plain


メーカー様の顔にも疲労の色が見え隠れし、ご用意いただいたカタログやサンプルも殆ど配布してしまいました。

リーマスター初披露の結果


ところで、弊社プロデュースのハリーマスター北海道初披露のご報告です。
f:id:onodera-artlink:20170530131357j:plain
リーマスターは今回北海道発披露だったのですが常に見学に来ていただいた方々で溢れており、お陰様で注目の的となりました。

f:id:onodera-artlink:20170530131434j:plain
デモ担当者も休む間もなく汗だくで貼り続けておりました。

f:id:onodera-artlink:20170530131523j:plain
弊社ブースに足を運んで頂き誠に有難うございました。


ご来場者数結果報告


■2017年アートリンク展示会ご来場者数

 260社540名

これまでの展示会ご来場者数の最高記録を200名以上も上回る540名ものご来場者数でした。
f:id:onodera-artlink:20170530132657j:plain

この結果は皆様のアートリンクに対するご期待の高さと受け止め、それにお応えするべく精進いたします。

今後とも何卒アートリンクを宜しくお願い致します。


お問い合わせは・・・・・

お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP

2017年株式会社アートリンク 展示会開催告知

おかげさまで二年に一度のアートリンク展示会

「2017アートリンクSign & Display 」

今年も開催となりました!

f:id:onodera-artlink:20170421112733j:plain

展示会の場所と開催日時

・開催日時と場所

■2017年5月17日(水)
■午前10時から午後5時まで
■札幌市白石区流通センター4丁目3-55
 アクセスサッポロ 大展示場Aです。


前回2015年の開催時には、取引仕入先45社にご協力いただき、ご来場者数は300名を越え盛況のうちに終えることができました。

今回の出展社数は、なんと48社!

もちろん過去最大級の規模となっております。

f:id:onodera-artlink:20170421113029j:plain

セミナースケジュール

展示会の目玉と言えは何といっても会場で開催するセミナーです。
今年も素晴らしいセミナーをご用意させて頂きました。


■AM10:30より

エイブリィ・デニソン・ジャパン株式会社 様

「カーラッピング実演講習」

会場に自家用車をご用意し、マーキングシート貼りを実演講習していただきます。細かな質疑応答も随時行っております。
百聞は一見にしかず。この機会にぜひ見に来てください。
f:id:onodera-artlink:20170421113623j:plain


■1回目AM11:30・2回目PM2:00より

コムネット株式会社 様

見える化ソフトサインジョブズ セミナー」

このソフトは小ロット・多品種で受注生産されている看板業界に最適です。
「過去印刷データ」「進捗・工程管理」「見積もり積算」「原価計算」ができるソフトです。
このソフトがあれば、営業・工場すべてにおいて効率アップが見込めますね。
このソフトは直接見て、説明を聴きにいらしてください。良いソフトですよ。
f:id:onodera-artlink:20170421115937j:plain


■PM3:00より

株式会社ミマキエンジニアリング 様

「税制・補助金活用セミナー」

税制優遇のご案内やものづくり補助金をはじめ各種補助金助成金についての活用セミナーです。知ってると知らないとでは大違いです。質疑応答も行いますが
他に聞かれたくないお話しもミマキさんのブースで受け付けておりますよ。

もう一つの超目玉企画!!


なんと!各社メーカー様のご厚意で1日限り!
展会場限定の即売会も行っております!

「あれと、これと、それ?!こんなに安いの??」

「プリンターの限定特価って?えっ~すごい!」

恐らくこんな声が聞こえるのではないかと・・・・・

通常はこの金額ではお出しできません。

数量も限定ですので早い者勝ちですよ!
f:id:onodera-artlink:20170421120443j:plain
※注1 商品は後日お届けとなります
※注2 見るのはタダです



GW連休明け、お忙しいとは思いますが、ぜひぜひご来場ください。
駐車場はたっぷり空いております。トラックでのご来場も可能です。

損はさせません!

5月17日は万障お繰り合わせの上絶対にご来場くださいね!

2年に一度のアートリンク祭り!

どうぞ宜しくお願い致します。



お問い合わせは・・・・・

お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP

Harrymaster_ハリーマスター_発売開始!

f:id:onodera-artlink:20170413155039j:plain

2017年4月

株式会社アートリンクよりHarrymaster(ハリーマスター)が全国に向けて発売となりました。
f:id:onodera-artlink:20170413155128j:plain

リーマスターとは何?

一言でいうと印刷物を貼る機械です。
誰でも簡単・キレイ・スピーディーに印刷を貼れるをコンセプトに開発されました。
f:id:onodera-artlink:20170413155251j:plain

見た目は「無骨」です。
無駄なものを一切排除し、貼る機能のみを追求した結果この形となりました。


パーツは全て国産にこだわり、設計においても
一切の妥協を排除しました。
見た目は簡素ですが中身はまさに精密機械と言っても過言ではありません。

Made in Japan。

下町工場の技術の結晶です。

精密さと剛性を併せ持つ

f:id:onodera-artlink:20170413160950j:plain

仕組みは単純明快。
ローラーで押して印刷物を圧着するだけです。
しかしここに設計者のこだわりが詰まっております。

■ヘッドの稼働は軽く

■ひねりに対する絶対的な精度を維持し貼りの曲がりを防止

■ローラーはラミネーターにも使用されている天然ゴム製で耐久性と最適な弾力性を維持

f:id:onodera-artlink:20170413161056j:plain

ここまでで十分に高品質なのですが、実は完成直前に設計者からもう少し強度を上げたいから部分的に仕様変更したいとの声が上がりました。過去に8輪駆動の装甲車の駆動部の設計をしていたという技術者が言うのですから我々は従うのみでした。

全国販売開始


無骨な外見ながらとにかく細部にまでこだわりぬいたこの「ハリーマスター」

日本全国に向けてついに発売となりました。
尚、北海道外の方で興味のある方は弊社提携販売店様をご紹介させて頂きます。

リーマスター動画

貼り心地や機能面をご紹介するのはまた後日としてまずは実際に使用している所を動画にてご覧ください。
見て頂ければとにかくこの機械が何なのか。
そしてどれだけ素晴らしいのかご理解いただけると思います。
www.youtube.com


リーマスターについてのお問い合わせは・・・・

お問い合わせフォームアートリンクオフィシャルHP